医師転職成功体験談一覧

医師(30代)

    医師人生を通し多くの経験を積ませていただきました。待遇面でもそこまで悪くない形であったように思います。ではなぜ転職するに至ったかというと、今現在の職場は総合的な内科の仕事ばかりになってしまい、自身の専門であるはずの分野の仕事が来なかったからというほかありません。このままでは専門分野に関する技術や知識がただの持ち腐れになってしまうのでは……そんなことを考え始めると、総合内科医に居座っている自分が自分と思えないような気持ちになってしまったのです。自分自身で何か所か目星をつけて面接を受けにいってみました。しかし、どの病院も自分の望んでいる勤務形体とはいかず納得がいかなかったのです。そこでコンサルタントに相談してみました。コンサルタントからは初めに数か所ご紹介いただいたのですが、どれも伺った条件面だけであればよさそうな気がしたため、面接で話を詳しく聞いてみることにしました。しかし申し訳ないがどの病院も私の考えや要望と少し一致しませんでした。一般的な待遇面では悪くなかったのですが、求めている条件に比べ物足りなかったのです。それでは転職する意味がありません。せっかく紹介してもらったのですが見送っていただき、コンサルタントには別の案件を紹介してもらうことになりました。新たにご紹介いただいた1件の病院の勤務条件はとても心惹かれるものでした。というのも、そこに勤務する医師のおひとりが家庭の事情で間もなく退職を予定されているとのことで、その後任候補となる医師を探しているとのこと。退職予定の彼の仕事内容がまさに私の希望に近いものであり、これならばやりたいことが叶えられると思ったのです。タイミングが少しでもずれたら巡り合えなかったかもしれません。転職後は、勤務先にも認めていただき、無事に希望をほぼ叶えるような形で日々の業務にあたれていると感じております。

整形外科医(40代)

    医師の転職を斡旋するサイトというのはインターネット上に沢山ありすぎて、正直どこに登録すべきかわからず迷ってしまうのではないかと思う。かくいう自分も迷ってしまい、検索ばかりに時間を浪費してしまう方だ。これは転職に限ったことではなく、ネット検索全般に言えることかもしれないが。ある日、いろいろあって以前登録していたサイトの存在を思い出し、担当者に連絡を取ってみようと思い立った。 以前登録した際に少しやり取りはしていたのだが、なんとその際の担当者はこちらのことを覚えてくれていたのだ。さらっとした簡単なやり取りだけだったはずなのに、意外だった。そのおかげもあり、話もスムーズに進んだ。自分の人間性もかなり理解してくれていたように感じた為、任せてもいいと思えるだけの信頼性も感じた。 また、以前探していた条件と今回もそこまで変わらなかったため即座に3件ほど紹介してくれた。面接も院長との直接面談だった為、密に先方の思いも伺え私の思いも直接伝えることができた。結局、提案を受けた病院のうちの一つで条件が一致し、コンサルタントがすぐに入職することができた。仕事に打ち込める環境が整っており充実している。結果的には成功といえるような気がする。

産婦人科医(50代)

    私のこれまでの医師としての人生はとても恵まれた環境でした。 医師として生命の誕生をサポートする仕事に携わることは、天職だったといっても過言ではないでしょう。最終的には後進を育成する立場という責任ある仕事まで務めさせていただきました。 しかし人生も折り返しを過ぎ、そろそろ引退後を考えねばという想いも出て参りました。仕事はまだ続けていたい気持ちはもちろんあるのですが、年齢も年齢ですし、忙しさはほどほどに、余生を楽しみつつ無理のない生活をしたくなったのです。ですが転職にはなかなか踏み切れませんでした。 転機となったのが、娘からのプレゼントでした。私は今までアナログばかりでもっぱら紙を好んで使っていたのですが、誕生日のプレゼントとして娘にパソコンをもらったことをきっかけに、休日に夫婦でパソコン操作方法を覚えていきました。簡単な文書作成程度なら、少々時間があれば何とかできるようになったのは、大きな進歩でした。メールある日インターネットで調べ物をしていた妻から「医師の転職サイトというものがあるようだ」と教えられたのです。 瓢箪から駒とでもいうのでしょうか。私が転職を渋っていたもっとも大きな理由は、この年齢で働き先を紹介してもらうのも忍びないということでした。こういったサイトを使えば、直接知り合いに紹介してもらう必要がないのですから。 そして、コンサルタントとの方と出会うことができたのです。娘や孫に手伝ってもらいながら、早速覚えたメールを使ってやり取りをしました。年齢は高めではあるが経験を買っていただき、私の要望なども踏まえて、コンサルタントは介護老人保健施設を紹介してくれました。とても居心地の良いあたたかな雰囲気の施設でスタッフの皆さんも優しい人柄の方ばかりで安心しました。おかげさまで今後は自分や妻や孫達との時間も大切にしつつ、医療に微力ながら尽力を注げることができそうです。

内科医(60代)

    私は比較的若い時に総合診療科のクリニックを開業した。夢であった自分自身の病院。地域の役に立っていけると意気込み、充実した日々を送っていた。あっという間に時は過ぎ、私も70歳が目前に迫ってきていた。同時にかつて指導をうけた先輩医師の方がすでに引退し、家族との時間や趣味・旅行に勤しみ余生を謳歌している姿を目にした。正直少しうらやましかった。私もそろそろゆっくりしたいと思う反面、もう少し折り合いをつけて仕事を続けたいという思いの半々であった。しかし、今の職場はどうなるだろう。私に付いてきてくれた沢山のスタッフの存在、院内の内装だってついこの間補修をしたばかりだ。色々考えてしまい、ズルズルと退職できないでいた。別の方法も考えてみた。仕事の量を減らすという案だ。例えば診療時間を減らす、休診日をもう少し増やしてみる。熟考してみたが、どれも中途半端であるし、それこそ働きたいと思っている他のスタッフに迷惑が掛かってしまうかもしれない。それならば医師として引退を考えてしまっている今、中途半端ではなくきっちり辞めたかった。ふと自らの仕事を振り返った。そういえば、最近は診療よりも書類整理・記入の作業が増えていた。もしかしたら仕事をすること自体ではなく、仕事の内容つまり書類作業に対してしんどいという思いと気が乗らないという思いが正直なところだと気づいた。かと言って現場の後進と競いたいというのもなかった。どうしようかと悩んだ末、覚えたばかりのインターネットで何か良い方法がないか調べてみることにした。そしてとある求人情報を見つけた。これならば、仕事を辞めてしまわなくても自分の時間を持ちながら医師を続けられるのではないか? 自身のクリニックのことも気になったが、まずは話を詳しく聞いてみたいと思い、求人情報が載っていたウェブサイトに問い合わせ「私の年齢で引き受けてもらえるのか」「自分の時間も大切にできるのか」など要望を伝えてみた。すると、単に転職先の紹介だけでなく、今後どういう順序で手続きを行っていった方が良いかなどのアドバイスも丁寧に返してくれたのだ。やはり現職をすっきりさせてからの転職が良いという判断になり、私はクリニックの整理と引継ぎ手続きを、コンサルタントに転職先の選定とその先方への交渉を任せた。その後自身のクリニックは無事退職し、現在は療養型の病院で今までの勤務量より少なくして勤務させてもらっている。開業していた時に比べると、勤務日数、時間が減ったことで物理的ゆとりが持てた。そして何より気持ちに余裕が出来たことが嬉しい。今後は自分の時間も大事にしながらゆったり頑張っていこうと思う。

訪問診療医(20代)

    もともと医局で勤務していたのですが、昔から訪問医になりたいという思いがありました。医師になったきっかけが「ある訪問医」の方であり、その方のような立派な医師になりたいと憧れていたのです。そしてその時点で将来どうしていきたいかというビジョンを構想していました。できれば彼のようにいつかは訪問医として開業したい。そう考えるとまずは訪問医として経験を積むことが第一なのであり、訪問に力を入れられる医療機関に身を置くのが最良ではないかと。とは言っても、正直なところ具体的な心当たりは全くありません。限界を感じたことから、とりあえず検索サイトでヒットしたいくつかの医師転職サイトに登録してみることに。いくつかサイトを梯子しているうち、1つの募集が目に留まり、それがきっかけで紹介をしていただく運びとなりました。その募集の詳細に関しては書けませんが、これなら訪問診療をメインにできるかもしれないと思うような内容であり、面接まで取り持っていただきました。 予想した通りメインは訪問診療、さらには外来も行っており患者と密にコミュニケーションが取れる形の勤務でした。不満がないわけではありませんが、この先の将来を見越すとなると理想は十分叶えていけると思える案件でしたし、その点では前の職場と雲泥の差でした。コンサルタントには最後まで手伝ってもらい、紹介先に転職するに至りました。

消化器内科医(30代)

    先に夫の転職が決まりました。最初は「そのまま現在の自宅から通勤したい」と考えていたのですが、なかなかよいところが見つからず、結果的に遠い場所となったことから自宅転居の必要性ががでてきたのです。夫としては大幅にキャリアアップとなる大変喜ばしい転職ですし、子どもの存在もあります。そのため私も現在の職場を退職して夫についていくのが家庭の今後を思うと妥当だと考えました。幸いちょうど子どもが小学校に上がる直前だったため、学校を途中で変わるよりはタイミング的にはよいのではとの思惑もありました。 しかし問題が一つありました。今回の転職は引っ越しを伴うこともあって、転居先に知り合いはおりません。他業種の夫に頼ることは難しいでしょう。つまり自身だけでは転職先を探すのが困難だったのです。どうしたらよいものかと知人に相談したところ、ネット転職の存在を教えられました。このネット社会においては医師もネットで転職できる時代なのかと目から鱗が落ちました。こちらの事情をコンサルタントにお伝えしたところ、転職先を決めるだけでなく、引っ越しの準備や以前の勤務先での引継ぎが大変であることを踏まえて、紹介先への交渉なども行ってくれたので助かりました。何か所か面接を行い先方の要件と私の希望をすり合わせた結果、無事に子育てと両立できそうな職場を見つけました。コンサルタントの積極的な対応や提案も嬉しかったです。